荒雄川C&R区間(宮城県)釣行(1)


 

荒雄川(2010・10・9~11) 001

水中に弛ませて流していたテンカララインの先がスッと引きこまれた

アタリ!!

ガシっとアワせた竿に強かな重さが伝わった直後。

キューン!と糸鳴り

ハリ掛りしたニジが一気に沖へと突っ走る

片手では抑えきれず両手で竿を支え腰を落として何とか溜める

ハリスはシーガーGMFX1・2号。竿はシマノ本流テンカラZE

ハリさえスッポ抜けなければ60でも耐えられるシステム

5分ほどのヤリトリで無事ランディング

ハリ掛り当初はかなりの型物と思ったのだが

キャッチしたニジはピンシャンながら45程度。

まったくここのニジは力が強い

荒雄川(2010・10・9~11) 031

初日は雨模様の荒れた天気。2日目は前夜来の雨で増水&濁り、3日目にようやく晴れて条件は整ったのだが・・・・・・。

ということで、続きは次号・・・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中