歴史的釣行PARTⅢ


「ヨシ!!」

アワせた竿先に確かな重み。が、その直後にフッと軽くなってしまった。

「ナンデー・・・?」ハリ先を確認したのだが、別に刺さりは悪くない。

???のまま次投。

すぐにまた掛けたのだが、またまたまたバラス。

「どうなっているんじゃ今日は」

その後しつこく探っているところでI教授が到着。

「どうですか」「何匹か掛けたんですが。バラシまくっています」「そうですか」

声のトーンがいまいち乗り気ではない様子

そのうち渕尻付近で小型らしきライズが始まりやがて、流れの中心付近でヤマメらしきライズが起こりはじめた

なかなか反応してくれない中#14の毛バリを使い何とかヒットさせたのだが、そばへ寄せてみると20センチあるかないかの明らかな成魚放流ヤマメ

ご存知の方もいらっしゃると思うが、この蒲田川C&R区間は

成魚も稚魚も放流されていない。したがって釣れる魚はネィティブ化したピンシャンのやつが多いのだが、時折区間以外に放流された魚も釣れてくる

(PHOTO BY MISHIMA)

少々ガッカリしたが魚の責任ではない「大きくなってまた掛かってね」とリリ-ス

結局このポイントでは、のヤマメでアタリが止まった。そこで上流の次のポイント低い堰堤上の瀬に移動

ここは深くてもせいぜい50センチ程度のポイントだが、左岸際に底石が連なり魚のつき場があるせいか意外と魚影は来い

それにしてもI教授がいっこうに下りてくる様子がない

「先生、やらないんですかぁ」「駄目でしょう。この雨と風じゃあ」

「ライズしていますよ。先生のバージョンですよ。やったほうがいいですよ」「じゃあやりますか」

と、やっと下りてきたのだが、その頃はライズは終わりまじか。結局先生は私が粘っていた堰堤上のポイントをいくらも探らないうちに上流へ移動していった

そこで、金ビーズヘッドを対岸に打ち込んだ後流れを横切るようにトレース。

何投目かにアタリがきたのだが、空振り。そこで毛バリを色違いにチェンジして再投入。

これがまた成功。一発でアタリが到来。

アワセた竿先に「グン」の嬉しい感触。

「ヨッシャー!」

で、この続きはPARTⅣ(エピローグ)編で・・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中