佐藤成史FFスクールIN遠野PART2


2日間ともほぼピーカン

しかも気温はかなり高い。

林道はかなりの暑さではあったのだが、

木漏れ日の中の渓はまことに涼しく快適そのもの。

スイッチの入った魚(ヤツ)は中型主体ながらドライフライ

に何度でもアタックしてくれる。やはり岩手の渓魚は純情なのだ。

スローに流れる時間の中参加者全員それなりには楽しめたようだった

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中