鹿島川テンカラ釣行会(PARTⅡ)


P8240021 スナップショット 1 (2013-09-02 19-53)

 

 

 

 

 

午前7時過ぎにいつものBBQ会場に集合

メンバーは、M原先生、M下さん、M島君、M田君、G味さん、A井君、S木兄弟そして私の計9人

が、集まってはみたものの肝心の鹿島川は、増水&濁流でとても釣りどころではない

当然ながら、「爺ケ岳スキー場下居酒屋」が開店となった

9時を過ぎた頃に、軍団一の釣り好きM島君がルアー竿のセットし始めた

スナップショット 2 (2013-09-02 19-56)

と、いっても本流はまだまだ竿を出せる状態ではないので、居酒屋廻りの支流をやりはじめた

と、なんとヤマメ、イワナ、ブラウンを次々とヒット

どうも、本流域から避難してきた魚が目の前の流れに溜まっていたようだ

ならばと、私、M下さん、G味さんがテンカラ竿を振る

M下、G味の両君はヤマメをヒットさせたのだが、結局私は9度反応してヒットゼロ。

いやいや・・・・・・

IMG_0470

2013_0824_113534-IMGA0041

 

 

11時過ぎにこの日のメイン(?)BBQの開始

スナップショット 3 (2013-09-02 19-56) スナップショット 4 (2013-09-02 19-57)

 

 

 

 

美味しい肉を鱈腹食った後は木蔭で昼寝

午後4時ころにそれぞれのポイントで竿を出したのだが、濁りは少し取れたものの水は多くあまり良い釣りはできなかったようだ

因みに私はこのBBQ会場廻りで竿を振り、ヤマメ、ブラウンを各1尾釣りボウズだけはまぬがれた

この日の泊まりは木崎湖温泉「やまか荘」

IMG_0505 (2)

宿泊費がリーズナブルな割りには料理はまあまあなうえに若女将がかなりの美人

当然ながら軍団一のS平M田君の目じりは下がりぱなしで鼻の下はビローン

えっ!私?

当然S平心が無くなったら男じゃないでしょう

夜遅くまで懇談会(宴会?)が続いたのと寝不足がたたり翌日宿を出発したのは午前7時ころ

爺ケ岳スキー場下に一旦集合してそれぞれの釣り場へ

私はこのスキー場下から、一人で釣り上がることにした

水量はかなり減り、水の透明度もクリアーに近い

スナップショット 1 (2013-09-02 20-38)

 

 

 

おおいに期待して釣り上がったのだが・・・・・・

さてさて結果は?

続きは「PARTⅢ」で

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中