鹿島川テンカラ釣行会(PARTⅢ)


2013_0825_084057-IMGA0060スナップショット 3 (2013-09-02 20-40)入渓は午前8時半過ぎ

それなりのポイントを絨毯爆撃しながら釣りあがったのだが1時間半ほど反応はまるで無し。

「今日はダメか。帰るか」と諦めかけた時に絶好のポイントが出てきた

「ここにいなければ、どこにいるの」と一応そう独り言はつぶやいたのだが、これまでの経過からみて期待は殆どしていなかった。

が、3投目にスーっとイワナが浮き上がり毛ばりをくわえた。

「よっしゃー!」

キャッチした魚は、でっぷりと太った25センチだった

スナップショット 2 (2013-09-02 20-39)

その後このポイントで27センチイワナを追加

DSC_0037

この日のランチタイム集合時間は11時

時間はすでに10時を回っていた

そこで、釣りながら下ることにした

釣り下がる時の毛ばりは上流から流し込めるドライフライが面白い

DSC_0056

狙ったポイントは釣り上がった時にやらなかった左岸側の緩い流れ

この狙いが大正解。

残念ながらイワナとヤマメは1尾づつしかヒットしなかったが、

メタボ27センチを頭にブラウンは入れ食い状態

多分前日の増水を嫌い岸よりの緩い流れに避難していたのだろう

スナップショット 6 (2013-09-02 20-44)

この日のランチのメインディッシュは、信州そば。

乾麺だったが、元民宿のおやじS木兄の抜群の茹でと

DSC_0043 DSC_0046 (1)

10秒と手を漬けていられない冷たい沢の水で麺をさらしてくれたM島君の努力で抜群の味になったそばを皆堪能。

スナップショット 8 (2013-09-02 20-47)

一休みした後イブニングをやるという長野支部軍団に別れを告げ帰途についた

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中