荒雄川釣行(PARTⅢ)


午前中に攻められたのか、かなりスレており一応ウーリーに反応はしてくれるもののヒットはしない

こんな時は一応沈めるために金ビーズは付いているもののいたってシンプルな毛ばりパターンを使うのも手である

大きなテンカラ毛ばりに金ビーズが付いた毛ばりを想像してもらえば良い

これがドンピシャ!!

60センチ弱と50センチ弱が連チャンヒット!!

2013_0923_142629-IMGA0181 2013_0923_145434-IMGA0188 2013_0923_142820-IMGA0184

2尾目にヒットしたニジは空中に1メートルちかくジャンプするなど楽しませてくれた

(ミシ!!ミシミシミシ!!!)

夕マズメに期待したが、条件が整わず結局この日はこの2尾で終了

翌3日目朝は、細い赤橋の下に入渓

DSC_0149

私の好きなポイントの一つではあるのだが、橋上から魚が見えることもあり

最近は入渓者が多く混んでいてなかなか入渓できないポイントである

ただ、この日は平日なのでこの時点では誰もいなかった

まずは、ドライフライで攻める。が定位したまままったく動かない。

何投か攻めたが結果は同じ

そこでブラックウーリーに付け替え投入。

毛ばりが沈んで流れに乗ったところで対岸のヤブ際に定位していた巨大魚が、ユラリと向きを変えチェイスしてアタック!

ズシン!

アワせた竿に強かで重い手ごたえが伝わる

やりー!

ヒットしたニジは対岸へ。はたまた上流へ。さらには下流へと突っ走る

竿を立て、腰を落とし、走りを止めながら、何とかいなしてはいたのだが、

何度目かの強烈な逸走でフッと竿先が軽くなった。

「ウッソー!」

ハリスが飛んだのかと思ったが、毛ばりは付いたまま戻ってきた。

が、なんと太軸の8番フックのはり先が開いているではないか。

DSC_0156

再び「ウッソー!!」である。

(ミシ・ミシ・ミシ・ミシ!!!)

その後1尾ヒットはしたが、掛かりところが悪かったのかすぐにバレてしまった。

アタリが遠くなったのを機に少し下流へ移動。

すぐに40センチクラスのニジをキャッチしたが後が続かない

DSC_0150

約束した退渓時間がせまってきた

諦めかけて退渓場所へ向かう途中で、両岸からヤブが張り出した止水に近いポイントが目に

止まった

この後、今釣行の超ハイライトを味わうことになるのだが・・・・・・。

続きは次回「エピローグ」で・・・・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中