荒雄川釣行(リベンジ編)(PARTⅠ)


   2013_1109_123429-IMGA0207DSC_0189

2013_1109_123313-IMGA0206

 

 

 

水面直下を引いていた#12の小型ウーリーに勢いよくニジが飛び出してきた

キタ!!

アワせた竿先がガクンと止まった直後に一気に竿が絞りこまれた

「ヨッシャー!」

すでにニジをヒットさせやりとりをしていた隣のN村さんとS木さんに続いてのヒットである

その私のヒットに続き1番下流側にスタンスをとっていたS藤さんも竿を絞りこまれた

なんとフォースヒットだ

DSC_0198

DSC_01832013_1109_092928-IMGA0193

 

 

 

9月に訪れた際にものの見事にテンカラ竿を圧し折られたニジにリベンジを果たすべく紅葉見学を兼ね再度荒雄川を訪れた。

今回のメンバーはいわき市にあるK総合病院の事務長N村さんとそのお仲間のS木、S藤の両氏

N村さんとS藤さんはFF。S木さんは私と同じテンカラ釣りである。

因みにN村さんにはK社の釣り具部門の部長時代にいろいろお世話になっており、イベントを開催するおりには「よろしく」の一言でK社製グッズを多数提供してもらった仲である。

いつものパーキング場所に車を置き釣り始めたのは午前9時頃。

この日の朝方はかなり寒かったが天気は良好。とはいえ流石に宮城の川、まだ水温が低いせいか魚の気配はまったく無く釣り始めて暫くはアタリ一つ来ない。10時を過ぎたあたりからニジの回遊する姿がチラホラ見え始め流す毛ばりに少し反応はみせ始めたのだが、なかなかヒットしてくれない。

そんな状況が一変したのは、11時少し過ぎ。そして冒頭場面に繋がる。

2013_1109_122218-IMGA0200

えっ?なぜ?

それは・・・・・・・。

続きは次号「PARTⅡ」で

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中