新テンカラ竿「天空テンカラスペシャルSE」(スズミ製)発売(part2)

DSC_0329 DSC_0334

 

(スペシャルSEのラインナップ)

2013_0415_224149-DSCF5024

(スペシャルSEの最終試作品)

「天空テンカラスペシャルSE(セカンドエディション)」(スズミ製)の

最終試作品は故があり私がここ1年間テストしていたテンカラ竿である。その最終試作品はかなり良い出来栄えで発売を期待していた竿でもある。もっとも試作品段階では、良くできていてもいざ製品として売り出されるとまったく違った仕上がりなっていた」などという話は良くある話だが今回発売されたテンカラ竿にはその様なことはまったくなく試作品とほぼ同じに仕上がっていた

師匠でもあり友でもあった某テンカラ名手のプロデュースしたテンカラ竿はこのSEで3作品目となる

初代は「天空テンカラスペシャル」。そして2代目は「天空テンカラカスタム」

初代のスペシャルはいたって丈夫にできていたがその分重く1日振るのには少々難儀であった。2代目のカスタムは軽く作られてはいたが、小、中型相手の渓なら兎も角、引きが強烈な大型ニジなどが飛び出してくるような渓で使うには若干心もとない気がした。

その点今作品はSEの名の通りスペシャルの堅牢さを引き継ぎかなり丈夫にできている。その分前作のカスタムはより若干重くはなったがスペシャルよりはかなり軽く仕上がっており1日振っても手首にはそれほどダメージはこない気がする。もっとも3・1mと3・4mはそれぞれ76gと79gと軽く出来上がっているが、3・9mは91gなので、腕力に自信のない人は3・1mか3・4mを選びテンカララインを長くして対処した方が良いかもしれない。ついでに付け加えておくと今度の竿の竿尻にはカウンターバランスが装着されている。もともとテンカラは、握り部分と竿との結合部分を持って振るのがの基本的キャスティングである。最近は竿尻付近を握りキャスティングするのが最近の流行だが、この基本的キャスティングをした方が振り子の応用ではるかに疲れない。カウンターバランスはこのために装着されているのだが、このリーズナブルな価格で、よくここまでできるものだと感心する。友のこだわりだったのだろう。

 パッケージには一応どのテンカララインにも適合すると書いてはあるが、調子は7:3調子ながら若干張りが強いせいかやはりフラインライン系の重いラインを使った方が毛ばりは飛ばし易いようだ。因みに前作のカスタムもこのテンカララインが最も会うにだが、残念ながら上州屋でもフライライン系置いてある店が少ない。

現在確実に手に入る方法は、奥多摩町の「TOKYOトラウトカントリー」(TEL:0428-83-2788)なので、欲しい方は電話してみればよい。(長さは3・6mと4mの2種類なので買うときは竿の長さに合わせて注文したほうが良い)

DSC_0347 (1)

前述したようにラインナップは、3・1m、3・4m、3,9mの3種類で、張りがある3・9mがこの傾向はより強い。

もっとも、3・1mと3・4mも別にペナペナしている訳ではなくそれなりに張りはあるが、今流行しているレベルラインも使用してもよほどのビギナーでない限り毛ばりは飛ばせる。

その点からいけば、ビギナーなどが最初の1本として選ぶなら、まずは3・4mで慣れた後の2、3本目は釣り場に合わせ3・1mと3・9mを買い足すのが賢明な選択ではなかろうか。

もう少しビギナー諸氏にアドバイスをするとしたら、テンカララインは前述したフライライン系。キャスティングに慣れたらレベルラインを買い足した方が良いかもしれない

税抜価格は、3・1m(11239円)・3・4m(12191円)・3・9m(13143円)

実はある複雑な事情があって「スペシャルSE」は試作品段階で終わる可能性があった竿である

この価格で、これだけのパフォーマンスができる竿を作ってくれた「スズミ」さんの技術と製造にゴーサインを出してくれた上州屋さんの勇断には最終テスターとして感謝感謝である。

友もきっと喜んでくれているだろう

後日談(part3)に続く・・・・

 

 

 

「天空テンカラスペシャルSE」が発売されました(part1)

上州屋各店より待望のテンカラ竿

「天空テンカラスペシャルSE」(スズミ製)が発売されました。

ラインアップは3・1m、3・4m、3・9mの3種

税抜価格は

3・1m:11239円。3・4m:12191円。3・9m:13143円

詳細説明は次回part2にて・・

DSC_0330 DSC_0329 DSC_0334

南飛騨テンカラ講座

今年度も名手天野勝利氏のホームグラウンド益田川(飛騨川)水系において下記要領にて「南飛騨テンカラ講座」を開催いたします

主催:老眼天空本舗

協賛:オーナーばり(株)・(株)大橋釣り具・(株)クレハ合繊・冒険王

●日程:5月17日(土)・18日(日)

●開催場所:益田川(飛騨川)水系

●参加費:無料(但し規定の入漁料が別途掛かります)

●講師:天野勝利氏・倉上 亘

●応募人数:20人

●応募締切日:5月10日

●宿泊所:お食事・お宿処「あま乃」(天野氏のお店です)

☆1泊4食:10000円(初日と2日目の昼食付き)

●お申込み・お問い合わせ先

老眼天空本舗 事務局 倉上 亘

☆E-mail:rougannfly0363@msn.com

☆携帯:090-1203-0363

 

テンカラファンの集い終了

テンカラの名手4人(瀬畑雄三氏、下田香津矢氏、石垣尚男氏、榊原正巳氏)を招き、吉田毛鉤会(代表吉田孝氏)とTOKYOトラウトカントリーの協力の元に春の陽光が眩しい去る日に、某テンカラ名手の追悼会を兼ね私が代表を務める老眼天空本舗主催による「テンカラファンの集い」が開催され、各名手の挨拶から始まり、釣りはもとよりサイン会、懇談会、テンカラ竿の試し振り等々約4時間の間、集合した30人あまりの参加者の方々はおおいに楽しめたようだった。

 

 

RAW_0008 RAW_0009 RAW_0015   RAW_0018 RAW_0024 RAW_0007

 

 

 

 

2014_0412_102900-IMGA0084RAW_0026RAW_0044RAW_0019参加者の皆様お疲れ様でした。そしてお世話になりました

(株)クレハ合繊様、吉田毛鉤会様、TOKYOトラウトカントリー様ご協力ありがとうございました。機会がありましたらまた宜しくお願いいたします

 

シーズンイン初釣行会

2014_0309_085108-IMGA0031 2014_0308_185500-IMGA0029  当初は神流川でやる予定だったシーズンイン初釣行だったが、雪の影響で急遽狩野川に変更

しかし状況が悪く、結局2日間で釣れたのは、M島君が釣ったアマゴ1匹のみ

いやいや・・・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

DSC_02972014_0308_162608-DSCN0079参加者の皆様お疲れ様でした

また、自然災害とはいえ宿泊をキャンセルした神流川(上野村)のF野家さまご迷惑をお掛けしました。近日中に埋め合わせを考えておりますのでよろしくお願いいたします

御礼(2)

2014_0330_122905-IMGA00682014_0330_134428-IMGA0076 2014_0330_102955-IMGA0066 2014_0329_112452-IMGA0043

さてFFスクール。2月の雪の影響がまだ残り水温も低く状況はいまいち。しかし佐藤さんの適格なアドバイスもありポツポツながら講習参加者はヒットさせていた。

そんな中で一人気を吐いたのは、特別参加であるテンカラ組のK池奥様。なんとこの日1日で7匹釣り上げ竿頭になってしまった。

いやいや・・・

少しはKYしなさい(笑)

翌30日は朝から雨模様。それでも講習参加者の何人かはヤマメをヒットさせていた

そんな中でドライフライのこだわっていたH田さんは、残念ながらバラしたようだが、同じくこだわったI橋奥様は見事にヤマメをキャッチ。根性ですなぁ。

状況の悪い中でのドライフライでのヒットはたいしたものである

雨が強くなり始め昼過ぎに講習は終了

皆さまお疲れさまでした。

機会があったらまたよろしくお願いいたします

  2014_0329_103945-IMGA0038 2014_0329_143314-IMGA0053 2014_0329_104526-IMGA0040