荒雄川釣行


DSC_0528 (1)今秋もニジを狙って恒例の荒雄川釣行。昨年度は小さな毛ばりにしか反応しないで苦労したが今年のニジは定番のウーリーやここ数年反応が今ひとつだったチェルノにも反応。おおいに楽しめた。
ただやたら元気で、ヒットした瞬間に一気に走られなんと世界最強を誇るシーガーGMの0・8号ハリスがブッツン!いやいや

DSC_1198 (1) DSC_1202 DSC_1214

DSC_1217 DSC_0102 (1)

いい機会なので、天空テンカラスペシャルSE3兄弟の次男坊3・4mの強度テスト。
ハリスを太くして、もろ引っ張りっこをしてみたのだが、ミシとも言わなかった
長男の3・9mの強さは、いろいろなフィールドで実証済みだがこれで次男も合格である。
流石、2代前の渓愚スペシャルの流れを引くテンカラ竿だ

 

DSC_0330 DSC_0335

ということで、最終日に名古屋在住の I教授監修のシマノ製の最新テンカラ竿も使ったのだが、残念ながらこの日は絶不調。1尾何とかヒットさせたが、いくらもヤリトリしない内にバラしてしまい強度テストは次回へのおあずけとなった。
何でも同行したSさんに聞いた話では、神流川の冬季釣り場には、スティールヘッドを元にした荒雄川以上のファィトをする改良ニジが放流されているとか・・・。
近日中にコイツを狙ってその最新テンカラ竿の強度テストを行うつもりである。
大丈夫ですよねぇ。I 教授・・・・・

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中